大人向けおすすめアニメ20選

漫画『炎炎ノ消防隊』187話のネタバレ感想|バーンズが見た祈りの果て

ケイ

この記事ではマンガ「炎炎ノ消防隊」187話「祈りの果て」の内容をネタバレありで紹介します。

186話までの復習

  • 屠り人「ゴールド」を倒した第8だったが、新たな屠り人「ストリーム」が立ちはだかる。
  • アーサーがストリームを一瞬で打ち破るが、そこへ自称最強の屠り人「ドラゴン」が現れる。
  • バーンズと森羅の戦いが激化。森羅の攻撃はバーンズの心にも体にも届いていないようだった。

前話186話186話「宿敵邂逅」はコミック21巻に収録(参考:漫画『炎炎ノ消防隊』21巻ネタバレ感想|屠り人ゴールドとの死闘

187話のポイント

  • ラフルス一世の妻の手紙から「神などいなかった」と分かってからバーンズは祈りの意味を考えてきた。
  • バーンズは自らの祈りはそもそも無垢なるものであり、目的の無い祈りだったと悟っていた。
  • しかしバーンズは祈りの先の答えを“伝道者”に見出し、そこに仕える決心をした。

炎炎ノ消防隊話187話ネタバレ|改心のバーンズ

(C)大久保篤 | 講談社 | 週刊少年マガジン

森羅とジョーカーの前に立ちはだかるバーンズだが、森羅は未だにその心中を推し量れずにいた。

自らの祈りとは何だったのか?過去を回想するバーンズは、祈りには目的などなくただ無垢なるものだったと言う。

そしてあの日、伝道者に出会ったバーンズは伝道者に「神の狂気」を感じ、改心するまでに至ったのだった。

「お前の願いは叶わない」

森羅を挑発するバーンズは桜備に蟲を入れるように指示を出し、桜備の咆哮が戦場にこだまする。

炎炎ノ消防隊187話の感想|バーンズの真意とは

187話でバーンズは森羅とジョーカーに「お前たちもいずれ分かる」と語ります。

ストーリーのポイントとしては「バーンズは本当の意味で森羅たちを裏切ったのか?」ということです。

確かにバーンズは祈りの先の答えを伝道者に見たのかもしれませんが、白装束の一味になったような感じはあまり無いんです。

バーンズの真の目的とは安易な言葉を使えば「後輩たちのレベルアップ」にあったのかもしれません。

「自分では伝道者から人類は救えない」

バーンズが見た伝道者の狂気は、ある意味そのくらい圧倒的で絶対的だった。

でも心の中では「若い連中ならこの狂気を打破できるかもしれない」という希望をもっているような気がします。

次回188話漫画『炎炎ノ消防隊』188話のネタバレ考察|桜備の火事場の馬鹿力

炎炎ノ消防隊の関連エントリーはこちら

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊までの全巻ネタバレ!各巻の感想とあらすじ

漫画『炎炎ノ消防隊』最新話までのネタバレ感想とあらすじ

漫画「炎炎ノ消防隊」全巻無料で読む方法はある?無料アプリでも配信中?

漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読む方法!最新話も最新刊も無料で読める

▲目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。