見逃したアニメを1話から見直す

漫画『炎炎ノ消防隊』18巻(最新刊)までの全巻ネタバレ!各巻の感想とあらすじ

ソウルイーターの作者としても有名な大久保篤先生が送る、消防隊をモチーフにした少年漫画。2019年7月からアニメ放送もスタートしこれからますます目の離せない作品です。

この記事では原作のマンガ1巻〜18巻(最新刊)までを、あらすじや感想を交えて紹介します。

▶︎炎炎ノ消防隊の記事一覧はこちら

漫画「炎炎ノ消防隊」1巻のネタバレ感想とあらすじ

何の変哲もない人が突然燃え出し、炎の怪物「焔ビト」となって、破壊の限りを尽くす人体発火現象に人々は怯えていた。

炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、人体発火現象の謎を解明し、人類を救うことを使命である。

過去に母と弟が焔ビトの事件で亡くなり、そのトラウマで引きつった笑顔しかできなくなった少年シンラ。

以来「悪魔」と呼ばれ育った彼は母と約束したヒーローを目指し、仲間たちと共に、焔ビトとの戦いの日々に身を投じる。

森羅は幼いころに母と弟が目の前で何者かに焼死させられてしまった過去を持っています。

加えて第3世代の発火能力を持っていたこともあり、周囲から事件の犯人と誤解され育ってきました。

森羅は炎の中で母と一緒にいた謎の焔ビトを探すため、また母と約束した「ヒーローになる」という約束を果たすため、特殊消防隊に入隊を果たします。

▶︎マンガ1巻「炎炎ノ消防隊」ネタバレ詳細はこちら

漫画「炎炎ノ消防隊」2巻のネタバレ感想とあらすじ

新人大会に突如乱入してきた、消防官を襲う謎の男ジョーカー。ジョーカーは森羅から家族を奪ったあの日の火事の真相を知るという。

そして桜備から語られる、第8特殊消防隊の真の目的、明らかになる特殊消防隊の闇とは?人体発火を巡る物語は加速する。

謎の男ジョーカーは森羅へ「弟は生きている」と告げて姿を消してしまいます。

特殊消防隊が一枚岩ではないことを知った森羅は、桜備らと共に人体発火の謎を追うことを改めて決意をします。

そんな中、元消防士で連続殺人犯の宮本が裁判中に焔ビトとなり人を襲い始めます。

森羅たちの活躍で宮本を追い詰めますが、第5特殊消防隊の大隊長プリンセス火華に宮本を奪われてしまいます。

火華と同じ教会で修行していたアイリスは、火華に直訴しに第5の協会へ向かいますが人質になってしまい・・・

▶︎マンガ2巻「炎炎ノ消防隊」ネタバレ詳細はこちら

漫画「炎炎ノ消防隊」3巻のネタバレ感想とあらすじ

アイリスを救出するため、そして人体発火現象の原因解明のため、第5特殊消防隊へ攻撃をしかけるシンラたち第8特殊消防隊。

第5大隊長・プリンセス火華の圧倒的火力がシンラを襲う。火華とアイリスの因縁を晴らしシンラは大隊長に勝利することができるのか?

3巻では桜備ら第8がアイリスを救うため火華の第5特殊消防隊に全面攻撃をしかけます。

数でまさる第5でしたが、第8のメンバーは個々が強いため、第5の幹部を次々に撃破していきます。

森羅は火華の熱失神(対象の周囲温度を上げ一時的に失神させる技)に苦戦しますが、気合いでカバーし勝利。

そして森羅のまっすぐな心に感化された火華は第8に協力を申し出るようになります(火華はなぜか森羅に惚れる)

▶︎マンガ3巻「炎炎ノ消防隊」ネタバレ詳細はこちら

漫画「炎炎ノ消防隊」4巻のネタバレ感想とあらすじ

人工的に「焔ビト」を造り出している者がいると知った第8は犯人の手がかりを求めて、第1特殊消防隊にシンラとアーサーを潜入させる。

そして事件の核心に迫る証拠を追いかけた先にいたのは第1の中隊長たち!?ついに判明する人類の敵。世界の危機に全ての消防隊・大隊長が結集する。

4巻では第1特殊消防隊で子どもたちを焔ビト化させていたのは烈火星宮だったということが分かります。

森羅に追い詰められた烈火は自滅覚悟で炎を暴走させますが、第1消防隊のカリム・フラムが現れて烈火を封印。

これで一件落着…と思った矢先、謎の白頭巾の男たちが現れ口封じのために烈火を殺害してしまいます。

人工焔ビトの手がかりを失ってしまった第8でしたが、森羅は烈火の言っていた言葉が気になっていました。

それは「適合者の子供をさらい幼い頃から伝道者の教えを授ける」というもの。伝道者とは誰なのか?

森羅は伝道者を見つけ出すことが、自身の家族の死の真実を知るための近道になると思い立ち、行動を開始します。

アニウサくん

全ての大隊長がそろう大隊長会議はコミック4巻最大の見どころ!

漫画「炎炎ノ消防隊」5巻のネタバレ感想とあらすじ

森羅の弟は生きていた。謎の男ジョーカーから、弟の象(ショウ)が伝道者一味の幹部となっていることを知らされる森羅。

森羅は第8の仲間と共に真実を受け止め前に進むことができるのか。そして明かされる第8結成の原点、火縄と桜備の物語。

伝導者の手がかりを追い、浅草に向かう第8の一行。待ち受けるのは第7特殊消防隊と最強の消防官・新門紅丸だった。

火事と喧嘩の浅草篇が開幕!

弟の象(しょう)が伝道者の支配下で騎士団長をやっていると知った森羅は、第8のメンバーと共に伝道者を追うことを決意します。

過去の資料を調べる中で第8が最初の任務で鎮魂した焔ビトが白頭巾の男だったことが分かり、その遺留品の回収を行った会社を調べに浅草に向かう一行。

しかし浅草は最強の火消し「新門紅丸」率いる第7特殊消防隊が取り仕切っていました。

新門紅丸からなんとか信頼を得かけた桜備でしたが、白頭巾らが仕掛けた罠にはまり紅丸と一騎打ちになってしまいます。

アニウサくん

ついに明かされる桜備と火縄の第8結成秘話。4巻は火縄中隊長の好感度が爆上がりします!

漫画「炎炎ノ消防隊」6巻のネタバレ感想とあらすじ

桜備 vs 紅丸の大隊長決戦が決着する6巻。伝導者一味の能力により、誤解しあったまま衝突する二人の大隊長。互いに譲れぬ対決の行方は?

白装束のしかけた罠に浅草の町は混乱に陥り第8と第7は最大のピンチを迎える。そして現れる新たな鬼の焔ビト。浅草編ここに完結。

白熱の大隊長決戦は第7中隊長の紺炉(こんろ)によって強引に止められます。桜備の説明に納得のいかない紅丸は浅草で自ら聞き取り調査を開始。

すると同じような混乱が町中で起こっていることを悟ります。紅丸は町の混乱を収めるため、浅草流の方法で町民の心を一つにまとめあげます。

一方、白頭巾の男たちは浅草の混乱を利用し第8に奇襲をしかけますが、森羅とアーサーの二人のタッグが反撃。

追い込まれた白頭巾のハランは自ら「鬼の焔ビト」となり、再び森羅とアーサーに襲いかかります。

鬼の焔ビトに因縁を持っていた紅丸は火力を限界まで高めた必殺技「紅月」で鬼の焔ビト化したハランを鎮魂。

浅草の危機を共に乗り越えた第8と第7特殊消防隊は、酒を酌み交わし互いに協力関係を築きます。

アニウサくん

最強の消防官・新門紅丸と中隊長コンロの過去エピソードが6巻最大の見どころです!

漫画「炎炎ノ消防隊」7巻のネタバレ感想とあらすじ

ジョーカーと繋がる怪しい科学捜査官、ヴィクトル・リヒトが配属され、新たな展開を迎える第8特殊消防隊。

森羅、アーサー、アイリスの3人は消防官嫌いの天才技師ヴァルカンを勧誘するため彼の自宅へ向かう。

頑なに入隊拒否を続けるヴァルカンに森羅は必死の勧誘を続けるが、そこに第3特殊消防隊大隊長・Dr.ジョヴァンニが現れる。

ヴァルカン一族の秘密をめぐる新たな戦いと謎、そして宿命の出会いが森羅を襲う。

ヴァルカンを勧誘に現れた第3の大隊長Dr.ジョバンニは怪しさ満点でしたが、やはり伝道者と繋がっていました。

ジョバンニの狙いはヴァルカンの持つ「天照のキー」。天照を作ったのはヴァルカンの一族だったという事実は驚きです。

ヴァルカンにはリサという家族がいるのですが、実はリサも伝道者と繋がっており、かなりヴァルカン視点で読むと辛いです。

7巻ではヴァルカンに作ってもらった馬と剣でアーサーも大活躍。相変わらずおバカですが、気分によって強くなるアーサーはある意味最強。

そしてついに森羅の前に、伝道者の一味の団長を名乗る弟の象(ショウ)が現れます。

アニウサくん

一度拘束された森羅がヴァルカン達を助けに戻るシーンは7巻最大の見どころ!

漫画「炎炎ノ消防隊」8巻のネタバレ感想とあらすじ

ヴァルカンの持つ天照のキーを手に入れた第3の大隊長ジョヴァンニは白頭巾らと同じ伝道者の一味だった。

森羅がヴァルカンを圧倒し、勝利が見えたかに思えたその時、敵軍の騎士団長にしてかつて森羅の弟だったショウが現れ、戦況は振り出しに戻る。

生きていた弟ショウの、人のそれとは思えない能力が森羅たちを襲う。

ついに象(ショウ)と再会することが出来た森羅ですが、象の力の前に全く歯が立たず、戦闘不能状態に陥ります。

人智を超えた速さで森羅たちを圧倒する象ですが、アドラリンクと呼ばれる謎の力がその力の根源のよう。

このままでは戦いにならないことを悟った森羅とアーサーは最強の消防官・新物紅丸に稽古をつけてもらうため再び浅草を訪れます。

紅丸との稽古で成長していく森羅とアーサーの様子は少年漫画の王道ですね。紅丸との修行で森羅は超高速の蹴り技「ラビット」を会得。

準備を整えた第8の一行は伝道者一味のアジトであるネザー(地下)へと進んでいきます。

アニウサくん

紅丸との稽古で次第に強くなっていく森羅とアーサーが8巻最大の見どころですね!

漫画「炎炎ノ消防隊」9巻のネタバレ感想とあらすじ

弟ショウを連れ戻すため、伝導者の手がかりを掴むため、第8は総員で敵アジトの地下(ネザー)へ向かう。

皇国では禁忌とされてきたその地で待っていたのは白装束の軍勢たち。敵の能力によってバラバラになった第8は個別に交戦を開始。

命を奪い合う本物の戦いが幕を開ける。そして再び出会う弟と兄。ショウの異能力がシンラを襲う。

個別になった第8メンバーが敵幹部らと戦闘に突入する第9巻は少年漫画らしい見どころが満載です。

特に面白いのは火縄中隊長 VS. 白頭巾の女アローの戦いでしょう。

火縄中隊長の能力はこれまでも作中で登場していますが、コミック9巻では能力全開の火縄中隊長がほんとかっこいいんです。

浅草で稽古をつけてもらったアーサーも修行の成果を発揮し、蜃気楼を操る敵との決着をつけます。

ネザー編の戦闘はシーンは第8のメンバーの想いや思考がより反映されてたモノになっており感情移入しやすい展開になっています。

アニウサくん

能力による戦いでは無いけど、桜備VS. ジョバンニ戦も見どころです!

漫画「炎炎ノ消防隊」10巻のネタバレ感想とあらすじ

象の元へ辿り着いた森羅だったが、兄の想いは届かず、兄弟対決が再び幕を開けてしまう。

森羅はリヒトの助言を受けながら応戦するも、象の時間を止める能力に対抗することができずにいた。

ショウの能力の秘密とはなにか?鍵はアドラバーストだった!死の縁に立たされたシンラの炎も次なる段階へ進む。

10巻は森羅と象の戦いが内容の半分を占めます。そして二人の戦いの中でアドラバーストやアドラリンクの秘密が解き明かされていきます。

アドラバーストとはあらゆる熱に干渉できる特別な炎ということが明らかになり、その力を覚醒させることで象は時間を止めることができます。(実際には宇宙の膨張熱に干渉)

そしてアドラバーストの力を覚醒させるために必要なのがアドラリンクという力なんですねー、このあたりの細かい設定はぜひ実際に10巻を手にとって確かめて下さい。

アニウサくん

森羅が戦いの中でどのように象に語りかけ心を開いていくのかが10巻最大の山場!

漫画「炎炎ノ消防隊」11巻のネタバレ感想とあらすじ

象との戦いで受けた瀕死の怪我からなんとか生還した森羅の元に、第1のバーンズ大隊長が現れる。

バーンズから語られる十二年前の火事の真実と鬼の焔ビトの正体に森羅は愕然とする!

アドラリンクの謎を確かめるため第4の蒼一朗アーグの元を訪れた森羅であったが、謎の少女に取り憑かれ暴走を起こす。

憎悪に取り憑かれた森羅を止めるため、訓練校時代の友人オグン、アーグ大隊長、アーサーの3人が森羅と激闘を開始する。

象との戦いで瀕死の重症を追った森羅は、名医と評される第6の黄(ホァン)大隊長の特殊な炎の力で驚異的な回復をみせます。

手術から3日後、森羅の見舞いに来た第1のバーンズは「12年前に森羅が見た鬼の正体は母親」であることを森羅に告げます。

森羅はずっとその鬼が事故の原因だと思っていたわけですから、この展開は読んでいる者としてもかなり衝撃の事実でした。

アドラリンクやアドラバーストの調査をするため、森羅はアドラリンク時に姿を見た第4の蒼一朗アーグの元を訪れます。

アーグはなんだか不気味なおじいちゃんですが、実はアーグも異界アドラを見たことがあり、その時に顔面にスティグマ(聖痕)を負ったんですね。

アーグ蒼一朗の変態な性格がなんとも面白く、憎悪に取り憑かれた森羅との戦いがコミカルに描かれます。

アニウサくん

11話は筋肉カレンダー作成回や、火縄中隊長改造計画など、久しぶりに平和なギャグ回も満載です!

漫画「炎炎ノ消防隊」12巻のネタバレ感想とあらすじ

アドラリンクと共に現れた謎の少女に取り憑かれ暴走を続ける森羅を止めたのは騎士王アーサーだった。

暴走するシンラを正気に戻すため、アーサーはシンラに本気で戦いを挑む。

伝導者たちの目的は柱となる「アドラバーストを持つ8人を集める大災害を引き起こすこと」だった。

そして5人目のアドラバーストを持つ者が生まれる!

コミック12巻の前半では主にアーサーと森羅の戦いが描かれます。

なにかといがみあってきた二人ですがアーサーの不器用な優しさが分かる戦闘シーンは本巻の見どころの一つです。

また12巻では5人目のアドラバーストを持つ少女インカが登場します。

インカを巡ってカロンと激しい戦いを繰り広げる森羅は、果たして彼女を取り戻すことができるのか。

インカの炎を予知する能力と「退屈が嫌い」という自滅的な性格によって物語はどんどん複雑になっていきます。

アニウサくん

カロンを巡って行われる森羅VS. カロン戦、アーサーVS. ハウメア戦は12巻最大の見どころです!

漫画「炎炎ノ消防隊」13巻のネタバレ感想とあらすじ

八人のアドラバースト保有者を集める伝導者たちは五人目の柱インカを連れて行ってしまう。しかしそれはインカの意志でもあった。

伝導者の正体を探るためシンラたちは東京皇国を飛び出し未知なる大陸新青島(シンチンタオ)へ向かう。過酷な炎の大陸に眠るは皇国の重大な謎とは?

created by Rinker
講談社
¥457 (2019/08/25 18:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

森羅はカロンの弱点を推理し、渾身の一撃(コルナ)をカロンに叩き込むことに成功しますが、それでもカロンは倒れません。

最終的には助けようとしていたインカも破滅的な衝動にかられ、白装束たちと行動を共にする道を選ぶ展開は読み応えがありました。

さらに13巻は物語が急転。森羅たちはアドラバーストの手がかりを追って中華半島の新青島へと上陸します。

未知の大陸で遭遇する巨大生物と人の言葉を話す動物たち、さらに皇国の「天照」とそっくりの御神体が現れます。

アニウサくん

また第8のメンバーが知恵と能力を総動員して鬼の焔ビトを倒すシーンも13巻の見どころです!

漫画「炎炎ノ消防隊」14巻のネタバレ感想とあらすじ

250年前の大災害とアドラバーストの関係を調査するため、中華半島上陸作戦の一員に選ばれた森羅たは大陸の西にある「空間の裂け目」に向かう。

道中、楽園の森から追放された人語を操るモグラのスコップたちと出会う。彼らの案内で着いた“楽園”には東京皇国の天照とそっくりの建造物があった。

スコップたちは天照に似た建造物を“御神体”と呼び、それは世界を破壊する兵器だという。御神体を起動させようとする焔ビト(テンペ)と森羅たちの戦いが激化する。

14巻は東京皇国の外、中華半島での話がメインとなり、炎炎ノ消防隊の世界がどんどん広がっていきます。

一柱目の少女の心理攻撃を前巻でふりきった森羅ですが、14巻では一柱目の少女が天照の動力源なのではないかという話が浮上します。

かつてスコップたちを救った謎の女性の加護はたった1秒!秒単位の世界で繰り広げられる森羅VS鬼の戦いは14巻最大の見どころです。

アニウサくん

14巻はラストの引きが最高に上手い。紅丸とジョーカーのタッグはずるいです。

漫画「炎炎ノ消防隊」15巻のネタバレ感想とあらすじ

天照と聖典の矛盾から聖陽教と伝導者の繋がりを疑う森羅たちだが、消防隊という立場上聖陽教を調査できずにいた。

彼らの代わりにリヒトが差し向けたジョーカーと、ジョーカーの誘いに乗った紅丸が教会へ突入する。

紅丸とジョーカーを待ち受ける聖陽教の恐るべき闇の刺客たち。皇国の根幹を揺るがす真実が明らかになる。

紅丸とジョーカーがタッグを組み聖陽教に殴り込みをかけるまさかの展開にページをめくる手が止まらない!

久しぶりに登場した紅丸の兄さんが気持ちいいくらいに暴れてくれます。紅丸が登場する巻は私も大好きです。

この15巻では聖陽教の聖典の矛盾や、灰島重工と伝道者との繋がりなど、宗教と資本の2つが全て伝道者と繋がっていたのでは?というゾクッとする展開が目白押しです。

アニウサくん

紅丸とジョーカーがタッグを組み聖陽教に殴り込みをかけるまさかの展開が最高!

漫画「炎炎ノ消防隊」16巻のネタバレ感想とあらすじ

灰島重工は過去に森羅のアドラバーストを見逃したことから、過激な能力開発を子供達へ行っていた。

実態を調査するため灰島のスパイだと自白したリヒトと共に、森羅は灰島重工の施設に乗り込む。

そこで森羅を待っていたのは、弱い者いじめが大好きな最狂の能力者・黒野。黒野は黒煙を操り森羅を追い詰める。

そんな時、研究所内にいるナタク孫がアドラバーストを覚醒させ、第8、灰島、白装束の三つ巴の大乱闘が始まる!

16巻は久しぶりにマキさんが活躍してくれます。灰島の研究員や白装束のアローをボコボコ殴るマキさんの肉弾戦は見どころです。

そして16巻から登場する黒煙使いの黒野は性格としては最低ですが、漫画的には非常に魅力的なキャラクター。

紅丸やジョーカーとはまた違った種類の強さを見せる黒野の戦闘シーンは16巻のハイライトでしょう。

アニウサくん

黒野の邪悪さが分かる独特の作画は大久保先生の真骨頂ですね!

漫画「炎炎ノ消防隊」17巻のネタバレ感想とあらすじ

覚醒した六柱目のナタクを巡る第8と灰島の戦いは、伝導者一味の乱入で六柱目争奪の三つどもえの戦いに発展する。

巨大な大焔人に取り込まれ、暴走を始めたナタクは放射線をまき散らしながら街を破壊し続ける。

ナタクの閃光は次第に威力を増し続け、ついには東京全土が壊滅の危機に陥ってしまう。

created by Rinker
講談社
¥486 (2019/08/25 20:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

17巻ではシンラをカロンが守るという驚きの展開になります。なぜならカロンにとっては柱たちは全員守るべき存在だからです。

一方、灰島の黒野も独特の考え方でナタクを救うことに成功します。三人の共同戦線によって暴走するナタクを止める展開はすごく読み応えがありました。

白装束たちが「黒野とナタクの関係」を「守り人と柱」として受け止める一旦は見守ることにするという展開もそういう決着の仕方があったか!と驚きました。

アニウサくん

17巻では聖陽教の教えに揺らぐアイリスを通して「信仰とは何か?」という炎炎ノ消防隊の裏テーマも見えてきます!

漫画「炎炎ノ消防隊」18巻のネタバレ感想とあらすじ

マキの兄であるタキギ刑事は異臭騒ぎで地下の捜査にあたっていた際に謎の研究施設を発見するが、白装束の自爆に巻き込まれ重傷を負う。

伝導者一味の不穏な動きを警戒したマキの父、皇国軍の大将ダンロウは、軍直下の第2特殊消防隊へ地下調査を指示する。

時を同じくして第2から第8に地下調査の協力要請が届くが、同時に軍からマキへ帰還の命令も下り、マキは第8から脱退してしまう。

マキを失った第8と第2特殊消防隊は地下調査を開始するが、そこは白装束たちが仕掛けた罠が張り巡らされた地獄の火事場だった。

created by Rinker
講談社
¥486 (2019/08/25 20:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

マキの両親や兄など、尾瀬家の全貌が明らかになる18巻ですが、面白かったのは父・暖郎(ダンロウ)のキャラクターですね。

ものすごく強面のダンロウですが、娘のマキのことをマキちゃんと呼び、危険な特殊消防隊の任務から外そうと画策します。

大久保篤先生『炎炎ノ消防隊』17巻より

大久保篤先生『炎炎ノ消防隊』18巻より

いや顔な!

とりあえず尾瀬家の人間は皆二面性を持っているようです。(兄は彼女にバブバブ言うし、母は突然ヤンキーのようにブチ切れる)

それから18巻のもう一つの見どころは、武 能登(タケル ノト)ことジャガーノートの覚醒です。

大久保篤先生『炎炎ノ消防隊』18巻より

18巻ではタマキが白装束に追い込まれ大ピンチになるのですが、これをジャガーノートが助ける戦闘シーンは見どころです。

漫画「炎炎ノ消防隊」19巻の発売日

炎炎ノ消防隊のコミック19巻は2019年9月19日発売です。

created by Rinker
講談社
¥486 (2019/08/26 03:38:43時点 Amazon調べ-詳細)

▶︎炎炎ノ消防隊の記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。