大人向けおすすめアニメ20選

漫画『炎炎ノ消防隊』190話のネタバレ考察|アーサー対ドラゴンの結末は

ケイ

この記事ではマンガ「炎炎ノ消防隊」190話「強き者」の内容をネタバレありで紹介します。

前話(189話)の復習

  • 巨大化したプラズマ剣「ドラゴンスケール」とプラズマの防御壁「プラズマント」を発動させたアーサー。
  • 次々に限界を突破していくアーサーだが、いかなる攻撃もドラゴンには通じていない。
  • 次第に疲弊していくアーサーと余裕しゃくしゃくのドラゴンの戦いは最終局面をむかえる。

前話189話漫画『炎炎ノ消防隊』189話のネタバレ感想|アーサー覚醒!プラズマント発動

190話のポイント

  • ドラゴンは体を自在に硬質化させる力を持っていた。その様子は焔ビトの外観によく似ている。
  • アーサーは超巨大化させたプラズマ剣「エクスカリバー」を放つがドラゴンに反撃され剣を砕かれる。
  • 第5の火華は「人体発火」と「ドッペルゲンガー現象」はつながっているという仮説を立てる。

炎炎ノ消防隊話190話ネタバレ|エクスカリバー敗れる

(C)大久保篤 | 講談社 | 週刊少年マガジン

過去最強に進化したアーサーの攻撃もドラゴンの竜鱗(ドラゴンスケール)に阻まれてしまう。

「まだアドラを掴めていない」「片側の力だけではそこまで」ドラゴンは意味深は発言と共に自身を形態変化させる。

まがまがしい黒竜のような形質に変化したドラゴンは、まるで焔ビトのような姿となる。

アーサーは自身の伸長よりも巨大化したエクスカリバーで渾身の一撃を放つが、ドラゴンに剣ごと打ち砕かれてしまう。

一方そのころ火華は鬼のドッペルゲンガーが、本体に成り代わろうとしている存在という仮設にいきつく。

炎炎ノ消防隊190話の考察|ドラゴンと宮本の関係

190話はとても伏線が多かった回で、特にドラゴンがアーサーに言った次の言葉が印象的です。

「発火能力をイメージで強化するところはいい線いっていた」

「だがまだ“アドラ”を掴めん」

「片側の力だけではそこまでだ」

この一連のセリフは発火能力とはイメージの力で強化することが可能であり、アドラに干渉できればもっと強化することができる、ということを示唆していると思います。

  • 片側の力=イメージする力
  • もう一つの力=アドラの力

問題はドラゴンはアドラへどのように干渉しているのか?ということですが、参考になるのは殺人鬼の焔ビト節男宮本(せつおみやもと)です。

(C)大久保篤 | 講談社 | 週刊少年マガジン

宮本は裁判の公判中に自我のある焔ビトとして覚醒します。

人間の時と同じ記憶があり、さらに人語を話せる焔ビトが登場したのは宮本が最後です。

(正確には森羅の母親もこれに該当しそうですが、今は情報が少ないので割愛)

宮本はいわゆる噛ませ犬キャラですぐにやられてしまいますが、それでも焔ビト化した時に肉体は強化されていました。

つまり何が言いたいのかというと「意思を残したまま焔ビト化してパワーアップすることは可能」ということです。

ドラゴンは恐らく何らかの方法で宮本と同じように焔ビト化し、アドラと繋がっているのだと思われます。

次回191話漫画『炎炎ノ消防隊』191話のネタバレ考察|森羅対バーンズ戦再開!

炎炎ノ消防隊の関連エントリーはこちら

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊までの全巻ネタバレ!各巻の感想とあらすじ

漫画『炎炎ノ消防隊』最新話までのネタバレ感想とあらすじ

漫画「炎炎ノ消防隊」全巻無料で読む方法はある?無料アプリでも配信中?

漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読む方法!最新話も最新刊も無料で読める

▲目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。