大人向けおすすめアニメ20選

『鬼滅の刃』204話ネタバレ感想|現代編突入?超ほっこり回に涙腺崩壊

「鬼滅の刃 204話のネタバレが知りたい!」

この記事はそんな人に向けて書いています。

こんにちは。
当サイト管理人のケイです。

今回は週刊少年ジャンプ23号(20年5月11日発売)に掲載された『鬼滅の刃』204話のあらすじをネタバレありで語っていこうと思います。

前回203話では鬼化した炭治郎が無残に打ち勝つ様子が描かれました。
炭治郎の中で最後の抵抗を見せた無残でしたが、藤の花と禰豆子に導かれ、炭治郎は人間に戻ることに成功します。

204話「鬼のいない世界」では、無残との戦いから3ヶ月後の炭治郎たちの様子が描かれます。
そして最後には驚きの展開が・・・

関連記事もチェック!

『鬼滅の刃』204話ネタバレ(前編)

鬼のいない世界

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

満開の桜が見える蝶屋敷の病室で、炭治郎は目を覚ます。
春の温かい風が桜の花びらを炭治郎の病室に運んできていた。

満開の桜を眺めながら、禰豆子は幸せそうな笑顔で「キレイだね」とつぶやく。

季節は春。
無残との戦いからすでに3ヶ月の時が経っていた。

ベットの上では伊之助と善逸が居眠りをしており、まだ目覚める様子は無い。

炭治郎の体に起こったこと

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

鬼から人間に戻った炭治郎の左手は、しわしわの老人のようになり、動くことはなかった。
右目も形だけは整っているが、機能していないという。

ユシロウいわく、炭治郎が鬼から戻ることができたのは、一番最初に噛んだのが禰豆子だったことが大きいらしい。
なぜなら禰豆子は一度鬼になり、人間に戻っているからだ。

無残の細胞に対する禰豆子の免疫と、胡蝶しのぶの残した薬の2つがあったから、炭治郎は人間に戻ることができたのだ。

炭治郎が持っていた鬼としての素質

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

ユシロウは、炭治郎には鬼としての素質がずば抜けてあったと語る。

一瞬で太陽を克服したことや、ギリギリまで自我が消えずにいたことなど、無残よりも禰豆子よりも、炭治郎には鬼の素質があったのだという。

「ユシロウさん、死なないでくださいね」

珠代を失い失意のユシロウから、炭治郎は何かを感じとったようだ。
炭治郎の言葉にハッとするユシロウだったが、言葉は何も返さずに去っていくのだった。

最後の柱合会議

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

柱の中で唯一生き残った実弥と義勇は、産屋敷家のキリヤに呼ばれ最後の柱合会議に参加していた。

「鬼殺隊は今日で解散する」

長きに渡って身命をとして戦ってくれた義勇と実弥に、キリヤは心からの感謝を伝える。

泣きながら感謝を伝えるキリヤに対し、義勇と実弥は初めて顔を見合わせて笑うのだった。

『鬼滅の刃』204話ネタバレ(後編)

伊之助とアオイ

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

次々に見舞いが訪れる炭治郎の病室から抜け出した伊之助は、こっそり食堂に向かう。
盗み食いをするためである。

アオイは伊之助の気配を察知し、伊之助専用の食事を用意してくれていた。

「こいつ、もしかして強えのか・・・?」

ほっこりした表情を浮かべながら、伊之助はアオイの作ってくれたおにぎりを見つめるのだった。

炭治郎とカナヲ

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

初代・花の呼吸の剣士が植えた桜を見つめながら、話をする炭治郎とカナヲ。
その桜には「必勝」という名前がついている。

炭治郎「目は大丈夫?傷も」

最後の戦いで視力を大きく失ったカナヲだったが、全く見えないわけではないようだ。
炭治郎を救った時にできた傷も瘉えてきたという。

禰豆子と実弥

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

鬼殺隊の宿舎で、禰豆子は不死川実弥に出会う。

「怪我は大丈夫ですか?」

かつて柱合会議で禰豆子を殺そうとした実弥だったが、禰豆子は気にしていないようだ。
禰豆子の天真爛漫な様子は、実弥に幼いころの弟を思い出させる。

実弥は禰豆子の頭を優しく撫で「元気でな」と言って去っていく。
実弥の顔は、かつてないほど優しい表情になっていた。

帰還・・・そして?

鬼滅の刃204話ネタバレ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

退院した炭治郎、禰豆子、伊之助、善逸は、亡くなった者たちへの墓参りを済ませ炭治郎の家へと帰る。

炭治郎の家族を埋葬した場所には花が咲いており、少なくない時間の経過が感じられた。

炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助は鬼のいない平和な世界で、平穏な日々を取り戻した。

時は流れ、時代は現代・・・高層ビルが立ち並ぶ街が唐突にあらわれる。

205話へつづく

『鬼滅の刃』204話の感想

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

204話で最後に描かれた街は何を意味するのでしょうか?
可能性としては次の3つがあるように思います。

  1. 数百年後の現代を舞台にした新しい物語が始まる説
  2. 小説版『鬼滅の刃』などで人気の「キメツ学園」が描かれる説
  3. 平和な未来と柱たちの生まれ変わりなどが描かれて終幕する説

正直、1の可能性は低いように思いますし(そうだったら面白いですけどね…)3の可能性が一番高いのかなと思います。

しかし次号のあらすじに「最終回」とは書かれていないことから、1のような展開もあるのかなと邪推しています。

以上で『鬼滅の刃』204話のネタバレと感想は終わりです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事もチェック!

>>『鬼滅の刃』最新話までのまとめ記事はこちら

漫画『鬼滅の刃』最新話までのネタバレ・あらすじまとめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。