大人向けおすすめアニメ20選

漫画『鬼滅の刃』203話ネタバレ感想|無残との因縁に最終決着

「鬼滅の刃 203話の感想が知りたい!」

「鬼滅の刃 203話のネタバレが知りたい!」

この記事はそんな人に向けて書いています。

こんにちは。
当サイト管理人のケイです。

今回は週刊少年ジャンプ21号(4月27日発売)に掲載された『鬼滅の刃』203話の感想を、ネタバレありでお伝えしていこうと想います。

前回202話にて、鬼になってしまった炭治郎は赫刀の斬撃も太陽の光も克服し、文字通り最強の鬼となってしまいました。

鬼化した炭治郎に打つ手が無い状況のなかで、妹の禰豆子が炭治郎のもとにたどり着きます。

自我を失った炭治郎は、禰豆子にも牙を突き立てますが、それでも禰豆子は命をかけて炭治郎に語りかけます。

そして一瞬のスキをつきカナヲが珠代から受け継いだ鬼を人間に戻す薬を炭治郎に打ち込むことに成功します。

果たして炭治郎は人間に戻ることができるのか?
炭治郎の心の中で無残との最後の攻防が始まります。

関連記事もチェック!

『鬼滅の刃』203話 前半|無残、最後の抵抗

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

炭治郎の心の中に禰豆子の声が届く。

禰豆子「お兄ちゃん、おうちに帰ろう」

心の中で、炭治郎は空に手を伸ばし、無残の肉塊から出ようとしていた。

無残「無意味なことはするな。禰豆子は死んだ」

無残は炭治郎に嘘をつく。
しかし炭治郎は知っていた。
禰豆子が生きていることを。

無残「お前は恨まれている。誰もお前が戻ることなど望んでいない」

無残は炭治郎の憎しみを煽ろうとするが、無残の声は炭治郎には響かない。

炭治郎「帰って、みんなに謝りたい。」

無残「お前の帰りなど誰も待っていない。お前だけが生き残ったことを恨んでいる」

無残は炭治郎の腕と首をつかみなんとか引き止めようとする。

しかし炭治郎は分かっていた。
そんな風に思う仲間はいないということを。

なぜなら炭治郎が共に戦ってきた人たちは皆、自分ではない誰かのために命をかけられる人たちだったからだ。

無残「炭治郎行くな!!私を置いていくなぁああああああ!!」

無残の叫び声が虚無の中に消えていく。
そして炭治郎は目を覚ます。

『鬼滅の刃』203話 後半|炭治郎、人間に戻る

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

炭治郎が目を覚ますと、周りには禰豆子、伊之助、善逸、義勇たちがいた。
炭治郎は無残の血をふりきり、人間に戻ったのだ。

炭治郎は鬼化していたからか、傷が全て瘉えている。

炭治郎に斬られたカナヲだったが、なんとか一命を取りとめていた。

愈史郎「お前は死なないと思っていた」

日の光に当たれないユシロウは、建物の影に隠れながら泣いていた。
珠代の残したカンザシを手に「終わりましたよ」とつぶやくのだった。

204話につづく・・・

『鬼滅の刃』203話の感想|無残の最後はとても少年漫画的だった

大ボスである鬼舞辻無残の死に方は、嘘をついたり、すがりついたり、贔屓目にみてもあまりかっこよくはなかったですが、しかしそれも、作者の吾峠呼世晴さんの狙いなのかなと思います。

悪役が最後はダサく死ぬという意味では、ジャンプの人気漫画だった『デスノート』の夜神月を思い出しました。
夜神月の死に際もかなり衝撃がありましたが、無残の最後もそれくらいのインパクトがあったように思います。

なんていってもこれまで非常に冷静だった無残様なので、こんなにダサくなっちゃうの!?という驚きがありました。
そして極めつけはこのセリフです。

無残「炭治郎行くな!!私を置いていくな!!」

無残は死にぎわで「私を置いていくな」と炭治郎にすがりつくんですよね。
ある意味、無残のダサい死に方は、少年漫画の敵キャラとして“正しかった”のかもしれません。

炭治郎「みんなを傷つけてしまったことを謝りたい」

自分のことしか考えられなかった無残は孤独のうちに消え失せ、炭治郎はこれまで関わった人に支えられて復活するという対比は、非常に少年漫画らしいクライマックスだったのかなと思います。

以上で203話の感想を終わります。
203話より前の話が知りたい人は、次のまとめ記事から気になるタイトルを探してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事もチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。