見逃したアニメを1話から見直す

アニメ『ケムリクサ』7話8話ネタバレ感想・考察|ムシたちの正体と世界の仕組みについて考察

りんたちは七島にたどり着きますが、謎の青黒い壁に進路を阻まれます。

絶対絶命かと思ったその時、わかばが壁を操作し通路を形成することに成功。

青黒い壁の正体とは何だったのか?7話と8話の謎を考察します。

>> ケムリクサの記事一覧はこちら

考察1|七島のケムリクサの壁と青ムシ

©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

七島の壁の正体はケムリクサでした。この壁がケムリクサだったことについてりょくは気がついていたようです。

その証拠に「りくでも操作できなかった」とりょくの残したノートには記載がありました。

しかしこの壁、触覚を担当するりくでも操作できず破壊するしかなかったわけですが、わかばは操作出来ました。

なぜわかばはりょくも操作できなかった壁ケムリクサを操作できたのか?

  • 仮説1わかばは完全な人間なのでりくも凌駕する触覚的な感覚を備えていて操作できた。
  • 仮説2わかばが人間であるということが壁ケムリクサを操作することと関係があった。
ケムリクサの操作は人間であるわかばの方が優れているのかもしれません。

七島の壁の前で現れた青ムシたちの正体

七島の壁で気になった出来事は壁が噴射した謎の青い煙です。

青い煙が吐き出されると今まで無害だった白いムシたちがまるで赤ムシのように攻撃的になりました。

この現象はなんだったのか?ヒントはりょくの残したノートにあるかと思います。

りょくのノートには「赤ムシたちは煙の命令で動く」と書き残してありました。

つまり白いムシたちは赤い煙を吸うと赤ムシとなり、青い煙を吸うと青ムシとなるのです。

その目的はいずれも外敵を攻撃するためですが、どうして白いムシを使って外敵を攻撃する必要があるのか?

その謎を解くにはケムリクサの世界全体を考える必要がありそうです。

考察2|青ケムリクサと赤ケムリクサが対立する世界

©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

この世界の設定について考察

ケムリクサの世界とは青ケムリクサと赤ケムリクサが戦争をしている世界なのでは?というのが管理人の仮説です。

七島に着いたりんたちは緑ちゃんと同系の巨大な木を見つけました。あの巨木は青ケムリクサの木で人間に友好的です。

恐らく最初のヒトは青ケムリクサの力をベースにして自分の体を分裂したのでしょう。

赤いケムリクサとは?

一方で青ケムリクサに対して人間に友好的でない赤ケムリクサもあります。

りんたちが赤い根を避けて旅をしていますが、根の先には赤ケムリクサの巨木があるのだと思います。

つまり七島と八島がちょうど青ケムリクサ対赤ケムリクサ陣営の境界線になっているわけです。

りんたちが七島で壁を攻撃したら「警告」と大きな文字が出現し白いムシたちが青くなって襲ってきました。

あれはりんたちを赤ケムリクサ陣営の敵だと思ったからでしょう。

考察3|白いムシの正体は人を助けるケムリクサ

©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

8話では白いムシたちが活躍しました。白いムシたちについて今のところわかっていることは以下です。

  1. 白いムシは人間を助けてくれる
  2. 白いムシもケムリクサで動いている
  3. 白いムシは合体できる
  4. 白いムシたちは青ムシにも赤ムシにもなる
  5. 白いムシたちはせんちょうに従っていた

白いムシの設定がこのケムリクサの世界を読み解く重要なポイントなのは間違いなさそうです。

せんちょうとは誰のことなのか?

白いムシたちが過去に慕っていた「せんちょう」とは恐らく生き残った人間のことでしょう。

理由は人間でないと白ムシたちの表示する文字が読めないからです。(今はわかばしか読めない)

もしかすると白いムシたちは最初のヒトのことをせんちょうと言っている可能性もあります。

最初のヒトは完全な人間だったようなので、その可能性は十分にあるでしょう。

考察4|姉妹の体の担当整理!りょくが目でりんは体の担当だった?

©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

私はりんは目の担当と思っていたのですが、りんはからだ全体を担当していたようです。

8話のりょくノートの文章を読み解くと、以下のような分類がわかりました。

  • め(目)=りょく
  • みみ(耳)=りつ
  • はな(鼻)=りょう
  • した(舌)=りな
  • ひふ(皮膚)=りく
  • からだ(体)=りん

たつき監督のTwitter動画を読み解くとりょうが鼻を担当しているのは分かります。(参考:たつき監督のTwitterで姉妹の分類

気になったのはりょくノートに「りんはからだ?つよさ?」とあったこと。りんにはまだ何か他の姉妹には無い特別な力が隠されているのかもしれません。

アニウサくん

それからりなちゃんずが5人に分裂しているのは、人間は5味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)から来ているからと思うぞ。

記憶の葉はりょくからりんへ渡っていた

りょくは最初のヒトの葉(記憶の葉)を持っていたようですが存命中に開くことはできなかったようです。

触覚担当のりくに頼んだけど開けなかったのか、最後まで隠し持っていたのかは謎ですが・・・

りょく亡き後、りんは記憶の葉を受け継ぎますがりんも開くことができず、記憶の葉はそのままの状態に。

今回ワカバが記憶の葉を操作しようとしましたが、りんに拒絶されてしまいました。

恐らく今後の展開はりんがピンチになったとき、ワカバが記憶の葉を操作して状況を打破すのではないかと思います。

9話の山には人間がいるかも

8話のCパートでは一行が山の近くに到着します。山の頂上には赤霧も届いていない様子でした。

もしかするとそこには生き残った人間がいるのかもしれません。9話の放送が今から楽しみですね。

>> ケムリクサの記事一覧はこちら

その他♡動画も楽しめる動画配信サービス4選

VOD その他♡動画
見放題の本数
月額料金
ゲオTV 20,000本 980円
U-NEXT 15,000本 1,990円
TSUTAYA TV 10,000本 933円
DMM見放題chライト 7,000本 540円

アニメに加えて大人の動画も楽しみたい人はゲオTV、U-NEXT、TSUTAYA TV、DMM見放題chライトがおすすめです。

特にU-NEXTはペアレンタルロックや視聴履歴が残らないので家族全員での利用も安心です。

アニメ好きなら抑えておきたい動画配信サービス3選

特徴 料金
dアニメストア ラインナップ豊富 月額432円(税込)
Amazon Prime ネット上での配信を独占 月額400円(税込)~
Netflix オリジナル作品 月額864円(税込)~

アニメ好きならdアニメストア、Amazon Prime Video、Netflixの3つは必ず抑えておきたいサービスでしょう。

特にdアニメストアは好きなジャンルを検索する機能や使い勝手に優れておりアニメ好きを廃人にします。

ケムリクサのブルーレイは全部で3巻

第1巻は3月29日発売、第2巻は5月31日、第3巻はまだ日時未定です。