アニメ好きが選ぶべきVODその理由は…

アニメ『サイコパス3期』ネタバレ考察|ビフロスト・ラウンドロビン・コングレスマンの正体と伏線まとめ

サイコパス3期ではビフロストという謎の組織が登場します。この記事では主にビフロストの正体に関する考察をしていきます。

ビフロストを語る上で欠かせないのがコングレスマンと呼ばれる構成員や、彼らが使うラウンドロビンというシステムです。

この記事の内容は放送に合わせてアップデートしていきます。現在は「サイコパス3期」4話までのネタバレを含んでいます。

ビフロスト(Bifrost)の考察

サイコパス3期の最大の謎といえば新しく登場した「ビフロスト」と呼ばれる組織。彼らの目的とは何なのか?

1話|ビフロストの元ネタは地上と天界を結ぶ橋

©サイコパス製作委員会

ビフロスト(Bifrost)とは北欧の神話に出てくる用語で、その意味とは「神が作った地上と天界を結ぶ虹の橋」のことです。

1話で登場したコングレスマンたちの秘密の部屋も橋で繋がっていましたが、神話の設定を意識しているのかもしれません。

神の国アズガルドや虹の橋と聞いてピンときた人もいるかもしれません。これはアベンジャーズのマイティ・ソーにも登場する単語。

ソーの住む国はアズガルドと呼ばれる神の国なので、おそらく元ネタは同じく北欧神話から引用したのでしょう。

created by Rinker
¥199 (2019/11/21 21:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

ケイ

ただビフロストには「ぐらつく橋」という意味もあるようで、アニメでのビフロストの行く末を暗示している可能性もありそう。

4話|代理人格AIの認知がビフロストの利益とは?

4話「コロッセオの政争」で薬師寺をおさえて小宮カリナ選挙戦を勝利しました。

この選挙を裏でコントロールしていたのもコングレスマンたちで、彼らは代理人格AIを民衆に認知させることが目的だったようです。

代理人格AIをシビュラが無視できない状況にするのがビフロストの利益になるというのは、どういう意味なのか。真相は不明ですが、

1つの仮説としてはラウンドロビンのようなAIをシビュラにとって変わるシステムとして民衆に受け入れさせる下準備という説でしょう。

シビュラシステムは犯罪者の脳を集合させたもの。ビフロストはそれが暴露されたあとの世界で代理人格AIによる統治を行うつもりなのかもしれません。

ラウンドロビン(Round robin)の考察

ビフロストのメンバーは「ラウンドロビン」と呼ばれるシステムを使い、裏で犯罪行為を取り仕切っています。

1話|ラウンドロビンの名前の意味とは

©サイコパス製作委員会

ラウンドロビン(Round robin)とは英語のイディオムとして一般的な意味が存在しています。その意味は次のようなものです。

Round robinの意味
  • 円形に署名した嘆願書
  • 数人の連署による申し入れ書
  • 仲間の間で回すレター
  • テニスやチェスなどの総当たり戦

恐らく上記の中でいうと総当たりでのゲーム、あたりの概念から着想をえてつけられた名前なのではと考察できます。

1話|ラウンドロビンの役割とは

1話「ライラプスの召命」ではラウンドロビンが自らを次のように表現していました。

議事進行ミドルウェア「ラウンドロビン」起動。(サイコパス3期1話より引用)

ミドルウェア(Middleware)とは、コンピュータの分野において、アプリとOS(オペレーティングシステム)の間に入る中間ソフトのことです。

例えば、世界中で最も使われているOSはマイクロソフトの開発した「Windows」で「エクセル」はその上で動くアプリの一つです。

恐らくラウンドロビンはビフロストというOSを拡大させるため、コングレスマンというアプリからの命令で動く中間ソフトなのでしょう。

その手段は株式市場の操作といったサイバー空間への影響と、インスペクターを使った暗殺など様々な方法が行われると推測できます。

コングレスマン(Congressman)の考察

ビフロストはコングレスマンと呼ばれる謎の3人、代銀遙熙、裁園寺莢子、法斑静火で構成されています。

1話|コングレスマンの意味とは?元ネタは?

©サイコパス製作委員会

ユーザー認証「法斑静火(ほむらしずか)」。コングレスマン適正ユーザーです。(サイコパス3期1話より引用)

コングレスマン(congressman)とは議会議員のことを指す英語でサイコパスの中ではラウンドロビンに参加できる人物のことなのでしょう。

コングレスマンになるための選定基準は謎に包まれていますが、裁園寺莢子らが自分たちの資産をかけているような台詞があり、

何かしら経済的な成功をおさめていることがコングレスマンになるための条件の一つのように思われます。

1話|コングレスマンたちの目的とは?

©サイコパス製作委員会

1話「ライラプスの召命」で判明したのは、コングレスマンは議案を欠席したり妨害したりすると執行対象になるということ。

ディレーション完結まで参加を継続して下さい。欠席や妨害行為は執行対象になります。(サイコパス3期1話より引用)

執行対象の意味がまだはっきりしていませんが、コングレスマンもリスクをおかしてゲームに参加しているようです。

この社会での真の自由と権力をかけて、心踊るゲームをしようじゃないか。(サイコパス3期1話より引用)

この言葉の意味は恐らくシビュラシステムによる支配からの脱却、かと思いますが本当の意味は謎に包まれています。

1話|法斑静火(ほむらしずか)の正体

1話「ライラプスの召命」にて法斑静火は新しくコングレスマンとしてビフロストに参加しますが、その素性は全くの謎です。

©サイコパス製作委員会

この法斑静火、どことなく、サイコパスSS Case1罪と罰に登場した「烏丸明」に似ているような気がします。

©サイコパス製作委員会

烏丸明は公安局の局長と同じくシビュラの外部端末でしたが、法斑もシビュラの派遣した外部端末という可能性はないでしょうか。

3話での父との一連のやり取りから法斑静火がシビュラシステムの外部端末である説は消えました。

法斑静火が物語のキーパーソンなのは間違いないでしょう(捨てキャラに宮野真守さんを使うはずはないでしょうしね…)

3話|代銀遙熙「どのカードで生活している?」

3話の冒頭では代銀遙熙が法斑静火にさぐりを入れます。それが「どのカードで生活している?」という台詞です。

当たり前ですが「カード」というのは、クレジットカードのことではないでしょう。笑

カードというのは恐らく指示した時に動かせる人物なり組織という意味ではないかと思われます。

3話|法斑静火の父と思われる人物との会話

3話では法斑静火が「お父さん」と呼ぶ人物が登場します。この人物は寝たきりでコードだらけですが、法斑静火の父のようです。

老人は法斑静火に「必ず勝て」「そのためにお前を育てた」と発破をかけます。そして法斑静火自身も「必ず勝つ」と静かにつぶやきます。

法斑静火との彼の父は「勝利」に対して異常なまでの執着があるように感じます。

ケイ

サイコパス3期はアマゾンプライムビデオ限定で見逃し配信を行っています。放送を見逃してしまった方はアマゾンプライムビデオをチェックしてみて下さい。

サイコパス3期に関連する記事はこちら

アニメ『サイコパス3期』0話「DIVE to PSYCHO-PASS」ネタバレ感想・解説

アニメ『サイコパス3期』0話「DIVE to PSYCHO-PASS~第三期#0~」ネタバレ感想・解説

アニメ『サイコパス3期』1話ネタバレ感想・考察|“ライラプスの召命”の意味とは?

アニメ『サイコパス3期』ネタバレ考察・解説・感想|開国政策に舵を切った日本の行く末【PSYCHO-PASS 3】

サイコパス3期の動画を配信しているのはAmazonプライムビデオだけ?

サイコパス3期の動画を配信しているのはAmazonプライムビデオだけ?Netflixやdアニメストアでの視聴は?

サイコパスSSの動画を無料視聴でフル配信しているVOD(動画サイト)はどこ?

サイコパスSSの動画を無料視聴でフル配信しているVOD(動画サイト)はどこ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。