大人向けおすすめアニメ20選

漫画『鬼滅の刃』198話ネタバレ|不死川・甘露寺復活!戦いは最終局面へ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ16号に掲載された『鬼滅の刃』198話の内容を、ネタバレありで考察していきます。

前回の197話では、珠代の毒で次第に弱体化してきた無残を、伊之助と善逸が追い詰める様子が描かれました。

無残の放った衝撃波で立つことも出来なかった炭治郎ですが、二人が時間を稼いでくれたおかげで再び前線に復帰します。

『鬼滅の刃』【198話】あらすじ(ネタバレあり)

戦いは最終局面へ

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

伊之助と善逸の猛攻が無残に襲いかかる。本来であれば伊之助と善逸の攻撃は無残には届かない。

しかし珠代の毒とこれまで柱たちが加えてきたダメージの蓄積が、無残を極限状態まで追い込んでいた。

「雷の呼吸 漆の型 火雷神」「獣の呼吸 伍の牙 狂い裂き」二人の攻撃が次々無残に襲いかかる。

しかし善逸たちの攻撃は、無残を足止めできても致命傷にはならない。一瞬のすきを突かれた伊之助に危機が訪れる。

炭治郎が復活

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

もう間に合わないと思ったその時、伊之助の危機を救ったのは、無残の衝撃波から回復した炭治郎だった。

「日の呼吸 灼骨炎陽、烈日紅鏡、火車、輝輝恩光、日暈の龍」炭治郎は休むことなく技をくりだす。

炭治郎の連撃は完璧ではない。しかし隙があっても一瞬だけなら伊之助と善逸がカバーできる。

倒れる伊之助と善逸。しかし炭治郎は技を止めない。そしてついに壁際に無残を串刺しにすることに成功する。

甘露寺と不死川が復活

(C)吾峠呼世晴 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ

壁際まで追い詰められた無残。胸には炭治郎の赫刀が突き刺さり、容易に逃げることはできない。

無残の両腕が左右から炭治郎を押しつぶそうとしたそのとき、怪我で倒れていた甘露寺が助けに入る。

さらに不死川も加勢し無残を壁にはりつけにする。追い詰められた無残は巨大な口を開き炭治郎を飲み込もうとする。

炭治郎をかばうように伊黒が無残の口の中へと自ら突進を仕掛ける。組んず解れつの最終局面である。

そして朝日はすぐそこまで上がりかけていた。>>『鬼滅の刃』199話へ続く。

『鬼滅の刃』【198話】の感想

198話で感動したのは、炭治郎の完璧では無い連続技を、伊之助と善逸がフォローすることで持ちこたえる展開ですね。

これまで柱ばかりが活躍していた無残戦において、伊之助と善逸もしっかり意味ある活躍を見せたのは嬉しい演出でした。

いよいよ最終局面に入ったマンガ鬼滅の刃。鬼舞辻無残も追い詰められ、朝日も上がりかけています。

ということは199話で無惨戦に決着がつく可能性が出てきました。寂しいですが200話あたりが最終回なのかもしれません。

『鬼滅の刃』おすすめ関連記事はこちら

漫画『鬼滅の刃』最新話ネタバレ・あらすじまとめ

漫画『鬼滅の刃』最新話までのネタバレ・あらすじまとめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。