見逃したアニメを1話から見直す

アニメ『リリースザスパイス』10話ネタバレ感想&考察!内通者だった命(メイ)の行動を振り返る【RELEASE THE SPYCE】

ツキカゲの情報を
モウリョウに提供していたのは…
なんと八千代命(ヤチヨメイ)でした

メイが裏切り者だったということで、
ちょっと動揺を隠しきれない管理人です

視聴者を動揺の渦に巻き込むあたり、
シリーズ構成を手がける
タカヒロ先生の手のひらの上…
ということなんでしょうか

本文では、10話までのメイの行動を振り返り、
メイは本当にツキカゲを裏切っているのか?
を検証してみようと思います

過去のメイの行動を振り返る

結論としてはメイは本当にツキカゲを
裏切っているのだと私は考えます

各話のストーリーを追っていくと
そのような結論に達しました

1話

実は1話でモモを積極的にツキカゲへ勧誘し
メンバーに推薦したのはメイです

この回でメイはモモに首筋を舐められて
感情を読み取られるシーンがありますが
この時のモモの感想は「寝不足かな?」
でした(役にたってねぇw)

視聴者的には、メイたちは前日に
モウリョウ傘下の工場を襲撃しているので
その疲れが出ていたのかな?という感じす

今にして思えば、
何か寝不足になる理由が
あったのかもしれませんね…

またこの時のメイは冗談でモモに
「いずれメイの秘めたる一面を
見せていくとしよう」と言います

まさかこの「秘めたる一面」の中に
「内通者」という意味が含まれていた
と思うと中々切なくなりますね

メイは自分の目の届く人物を
雪の弟子にさせた方が、色々と
都合が良いと考えたのかもしれません

そして1話では、ツキカゲが
事件を一つ解決したあとに
「内通者がモウリョウに寝返りたい」
という連絡を入れてきたことを
テレジアが天堂久良羅に報告します

皮肉にもモモが雪の弟子になる
決意をした後にこの連絡を
モウリョウに入れていたんですね

関連記事
そえばモモの父の死って何も関係無し?
▶︎モモの父の死はツキカゲと関係が?

2話

2話ではモモの入隊試験があります

モモが2話でツキカゲへの
入隊試験をする時、
皮肉にも試験官として
モモに追いかけられるのがメイです

うーん、今になって思えば、
試験の内容を事前に
「メイを捕まえることだよ」
とネタバラししたりしたのも、
モモをツキカゲに入れるため
だったのかもしれません

モモがツキカゲに入ってくれれば、
一番厄介な雪はモモの指導に
パワーを割かれるわけなので、
それを狙っていたという
可能性も十分にありそうです

3話

3話ではロボットの密輸を
阻止したツキカゲでしたが、
この時、待ち伏せしていた
白虎と戦闘になります

白虎はツキカゲが来ることを
知っており、それは「内通者」
からの提供情報だったので、
これもメイの仕業だった
ということなんでしょう

この時の情報提供で、
メイは「内通者」として
モウリョウの信頼を得ます

4話

問題は4話です

©SORASAKI.F

4話ではメイと楓が喧嘩をして
仲直りするまでが描かれます

メイが楓から貰ったギターピックの話は
心温まるストーリーでしたね

またエンディングは
通常バージョンとは違った
メイの弾き語り曲が流されたりと
メイと楓の仲の良い様子が
たっぷりと描かれます

視聴者がメイを
内通者の候補から外した一番の要因は
この4話を見てではないでしょうか?

なにを隠そう私がそうです←

4話のメイは「自由人」というより
「弟子を思う師匠」だと思うのですが
これもすべて演技だったのかよぉぉぉぉ
と考えると

ちょっと気が狂いそうになりますね

ただよく観察すると、
確かにこの回は、
内通者からモウリョウへの
連絡は一切ありません

関連記事
この時の考察は大外しwごめん…
▶︎楓がモウリョウの内通者か?

5話

5話では九天サイエンスに潜り込み
データを回収するツキカゲ達でしたが
何も手がかりを得られずにいました

この時、天堂久良羅は
内通者(メイ)からの情報で、
ツキカゲが潜入することを
知っていたので事前に
データを隠していました

そして5話のラストで、
初芽の情報がモウリョウに送られます

メイがどうして初芽を売ったのか
よく分かりませんが、メイの師匠を
カトリーナが好いていたことを考えると
なかなか香ばしい焼き加減の裏切りです

カトリーナは憧れていた人の弟子に
自分の弟子を売られたわけですからね…

6話

6話ではテレジアが
空崎高校に入学します

空崎高校にモウリョウが
目星をつけることが出来たのはなぜ?
と不審に感じる雪ですが、
この回では答えはでません

カトリーナは初芽に
「メンバーの中に内通者がいるのでは?」
と言って苦言を呈しますが
初芽は「仲間を信じる」と言って
そのコメントを否定します

©SORASAKI.F

思えばこの時、初芽とカトリーナの
会話を誰かが聞いているような
不思議な引きの視点が描かれます

この視点はメイの視点だった
ということなのかもしれません

7話

7話ではモウリョウの
ゲッカコウ計画に向けた
事前の散布テストが開始されます

そのせいで五恵が暴走するんですが
この時のメイは何もそれらしい
動きをみせていませんでした

8話

8話では沖縄に行きますが、
この時もメイはお留守番になり
ほとんど絡みは無しです

こうやってメイだけを抽出すると
メイは4話以降は目立った活躍を
ほとんどして無いんですね

あまりメイと仲間の様子を
描きすぎると設定に支障が出る
という理由があったのかもしれません

9話

©SORASAKI.F

9話ではメイは雪に
「内通者のこと分かった?」
と探りを入れに来ます

またこの時
メイは雪の捜査を
間接的に妨害します

妨害といっても
理由は沖縄で喧嘩したモモとの
関係修復をして来いというものなので
いたって自然な妨害です

メイは雪の探査能力を恐れて
あえてこの話をふったのかもと
考えると恐ろしいですね

そしてモモと雪が和解して
捜査を再開すると、
二人はカメラの映像をヒントに
烏丸文子(天堂久良羅)にたどり着きます

ただこれも、実はメイが
雪の捜査を妨害している間に
仕込んだ映像のヒント
なのかもしれません

関連記事
長穂はやはり死亡したんですかね…
▶︎雪の師匠、長穂が登場!

10話

そして問題の10話です

10話アバンではツキカゲの会議が描かれ
「烏丸文子」についての会話がなされます

そしてこの「烏丸文子」を調査したのは
メイ自身だったことが、この時の
会話をちゃんと聞くと分かります

もちろんメイによる調査の結果は
「烏丸文子の足取りは掴めない」
というものでしたが、おそらく
これは嘘だったのでしょう

またここでメイは
「テレジアを捜査している初芽が
作戦当日に合流してくれないと困る」
という趣旨のことをさらっと言います

これは恐らく
ツキカゲメンバーを
まとめて始末するために
初芽にもいて欲しい
ということなんでしょう

©SORASAKI.F

裏切りが発覚した後のメイは
鮮やかに五恵を失神させます
(五恵とまともに勝負したら
敵わないからでしょうね)

そしてメイは楓も気絶させますが
この時「私が飼う」と言って
天堂久良羅から楓を預かります

この辺りが楓へはまだ少し
情が残っているという兆し
なのでしょうか?

決戦を明日に控えメイは楓に
「いつか弟子は独り立ちしないといけない」
と伝えています。今考えると
大変意味深な発言ですね

以上が、10話までの
メイの過去の行動です

最初は私も、メイはツキカゲを
裏切っていないのでは?
という説を考えたのですが、
過去のストーリーを振り返ると
どうしてもその結論では行動が
矛盾してくるんですよね

というわけで、
今回の結論として
メイは確かにツキカゲを裏切っていた
という結論に達しました

ユキはメイの動きを予測していなかったのか?

モウリョウとの戦いで
完全に崩壊してしまった
ように見えるツキカゲですが
もしこれを雪と初芽が
察知していたなら話は別です

もしかすると雪と初芽は
最終決戦を前に、
内通者をあぶり出すため、
演技をしているというのは
可能性としてはありえそうです

雪は一見死んだように見えますが
そういう演技という可能性もありますし
初芽も海に落ちたため、
死んだかどうかは分かりません

カトリーナと白虎は
お店ごと爆死したようにも見えますが
生きている可能性もあります

また管理人が気になったのは
カトリーナのお店が爆発した時、
雪はなぜか「五恵と楓も来て」
と言って二人も一緒に招集したこと

一点に味方を招集するのは、
戦略的とはあまり言えませんが、
冒頭の通り内通者を炙り出すために
全員が揃う必要があった
と考えれば話は別です

10話の感想「自由人株が激落ち」

自由人とか言っている奴はほんと信用ならねぇな

これはタカヒロ先生は
自由人に親でも殺されたのかな?
そういうメタメッセージ回なのかな?
とか、色々と邪推する管理人です

「メイはいつだって
自由を追い求めてるんだよ」

は確かに分かるんですけど
人の心を踏みにじるのは違うのでは?
とか、アニメのキャラに対して
割と本気で怒るアホな管理人ですw

しかし残り2話ありますので
ツキカゲたちが最後にどんな
どんでん返しを見せるのか?
11話の放送が今から楽しみですね!

定額動画サービス乗り換えるならU-NEXTがおすすめ

アニメも大人のコンテンツも見ている男性は
U-NEXTがとてもお得です

理由はちょっと大人のコンテンツのコーナーを
覗いてみると分かりますが

めちゃくちゃ充実してるんですよ
アレとかアレとかがですね、うん

30日の無料期間だけでも
試してみるといいかもしれません

下の記事でも詳しく解説しています
おすすめ動画配信サービス(VOD)10選!各社の特徴やメリット・デメリットを比較

ブルーレイは全6巻で発売

▼ブルーレイ第1巻

▼ブルーレイ第2巻

▼ブルーレイ第3巻

▼ブルーレイ第4巻

▼ブルーレイ第5巻

▼ブルーレイ第6巻