見逃したアニメを1話から見直す

漫画「彼方のアストラ」1-5巻の全巻ネタバレ|各巻の見どころとあらすじを紹介・解説

マンガが好きな書店員が今年一番面白いマンガを選ぶ「マンガ大賞」。その2019年グランプリに選ばれたのが「彼方のアストラ」です。

連載マンガが長期化する中で全5巻で完結という歯切れの良さ。シンプルでありながら作り込まれたストーリー。

最初は仲違いしていたメンバーが閉ざされた宇宙空間でチームになっていき、困難を乗り越える人間ドラマが本作の見所です。

ラストの4〜5巻はほんとーーにページをめくる手が止まらないので、改めて読み始める人は注意が必要でしょう。(寝れなくなります)

この記事では漫画「彼方のアストラ」の全巻のあらすじや見どころをお伝えします。内容はネタバレを含むのでご意下さい。

>>彼方のアストラ記事一覧はこちら

マンガ「彼方のアストラ」1巻あらすじをネタバレ解説

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは?近未来SFサバイバルストーリー、始動!

created by Rinker
集英社
¥473 (2019/08/26 09:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

最初の惑星「ヴィラヴァース」でサバイバル

ケアード高校の9名が宇宙で遭難し惑星を経由して母星に帰る旅をスタートさせる1巻。

1巻では主に遭難〜アストラ号発見。そして最初の惑星「ヴィラヴァース」到着から出発までが描かれます。

ちなみにヴィラヴァースの英語表記は「Vilavurs」で、並べ替えるとSurvival(サバイバル)になります。

このアナグラムになっている惑星名の通り、1巻では異星でのサバイバル生活が軽快に描かれていきます。

SF系でありそうな巨大怪獣との戦いなどは影を潜め、本巻では人間関係の改善やチームの成長が話の中心となります。

1巻ではキトリーとフニシアが和解

1巻でメインとなるテーマは主に2つあります。それは

  1. キトリーがフニシアを受け入れる
  2. カナタがリーダーとして認められる

の2つです。

キトリーの成長

姉妹でキャンプに参加していたキトリーは、養女で妹のフニシアのことが精神的に受け入れられずにいました。

それはキトリー自身が母親からの愛情不足になっており、きちんと育ててもらえなかったことが原因です。

この二人の不和(と言ってもほぼキトリーの一方的な怒り)がヴィラヴァースでの話の主軸になってきます。

キトリーはフニシアが命の危険に晒されたことでこれまで素直にフニシアを受け入れて成長します。

カナタの活躍

危機に陥ったフニシアを誰に言われるまでもなく身を挺して救ったのがカナタです。

カナタは殆ど捨て身のような方法でフニシアを救出し、メンバーから信頼を得ていきます。

他人のために躊躇なく命をかけるカナタの姿に、読んでいる人も胸が熱くなるでしょう。

重要な背景として、カナタが宇宙冒険家を目指すきっかけとなった説明がなされるのも1巻です。

カナタは幼い頃に憧れていた先生がいたのですが、その先生が山で遭難して命を落としています。

アニウサくん

1巻はアニメで言うと1話と2話の内容だね!

\合わせて読みたい/
アニメ『彼方のアストラ』1話ネタバレ感想・考察|アニメ版オリジナルシーンと物語の伏線について アニメ『彼方のアストラ』2話ネタバレ感想・考察・解説|惑星ヴィラヴァース(Vilavurs)の名前の意味

マンガ「彼方のアストラ」2巻あらすじをネタバレ解説

第2の惑星シャムーアに向け宇宙を進むアストラ号。「通信機を壊した者が船内に?」カナタとザックだけがそれを知る状況の中、フニシアが何気なく口にした一言で、カナタの疑念は確信に変わる!その後、船が墜落の危機に見舞われ…?

created by Rinker
集英社
¥529 (2019/08/26 08:45:33時点 Amazon調べ-詳細)

2番目の惑星「シャムーア」で墜落の危機

2巻の見どころは2つです。

  1. アストラ号の墜落危機
  2. ユンファが歌手として覚醒

第2の惑星「シャムーア」の上空についたところで一行の宇宙船を流星が襲います。

流星の影響で宇宙船の動力がダウン、9分以内に動力を回復しないと墜落してしまう絶対絶命のピンチに陥ります。

アストラ号墜落の危機を、全員で協力し切り抜けるハラハラの展開は読者も力が入る2巻の見どころです。

全員の協力もあって危機を乗り越えたメンバーですが、この時のファインプレーはウルガー(の射撃)でもありました。

ただこのウルガーの活躍が、ユンファが自身を「役立たずだ」と追い詰めてしまう伏線にもなっています。

2巻ではユンファが心を開き歌手を志す

実は惑星シャムーアは英語表記で「SHUMMOOR」と書きます。(2巻にアルファベットの記載がある)

この惑星名も実はアナグラムになっており、順番を変えると「Mushroom(マッシュルーム)」となるんです。

マッシュルームから連想できますが、惑星シャムーアとは、キノコ類が生態系の頂点にある惑星だったのです。

それに気付かずキノコの毒の胞子を吸ってしまったメンバーたちは次々にダウンしてしまいます。

この時活躍するのが胞子を吸わなかったユンファで、彼女はこれまで隠していた特技の歌で苦しむメンバーを癒やします。

ユンファの歌とカナタの活躍によりキノコ毒の解毒に成功したメンバーたちは食料を調達し次の星に向かいます。

そして2巻のラストでユンファが髪を切り、めっちゃくちゃ可愛くなります。ここが2巻一番の見どころです。

マンガ「彼方のアストラ」3巻あらすじをネタバレ解説

アストラ号が辿り着いた第3の惑星アリスペード。そこは水も食料も豊富でリゾート地のような楽園だった! 一行は久しぶりの平和な日々を満喫し、一匹狼のウルガーもルカと打ち解け始める。だが、2人を繋ぐ「糸」が明らかになり…!?

created by Rinker
集英社
¥529 (2019/08/26 09:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

3番目の惑星「アリスペード」は楽園!水着回も

3巻は物語の折り返し地点として様々な真実が明らかになってきます。

3巻での見どころをまとめると次の4つです。

・ウルガーとルカが打ち解けるが実はルカの父親こそウルガーの復讐相手だった
・ルカは男女両性の体をしており、養子で親から見放されていることが判明
・シャルスは元貴族でありキャンプ直前にケアード高校へ転校してきた
・女性メンバーの水着回が見られるNEW!

3巻ではウルガーの追っていた相手(兄殺害の主犯と思しき人物)政治家のエスポジト氏がルカの父親だと判明します。

ルカを殺しエスポジトに復讐しようとするウルガーですが、ルカは養子だったため親に愛されていなかったことを知ります。

ルカの境遇と自らの境遇(ウルガーも親から疎まれて育った)を重ね合わせて復讐を断念するウルガー。

ウルガーの行き場のない悲しみの叫びが、楽園での楽しい生活との対比となり、つかの間の安息は終わりを告げます。

アニウサくん

ARISPADE(アリスペード)とはPARADISE(パラダイス=楽園)のアナグラムだね!

3巻ではウルガーとルカの秘密が明かされる

3巻ではウルガーとルカ関連の伏線が一気に回収されます。

まずウルガーの兄が死んだのは、ウルガーの兄が政府の重大な秘密に迫っていたことが原因です。

(重大な秘密とは4巻以降に明らかになるクローン関連の秘密と歴史の改ざんのことだと思われる)

そしてルカの父親は政治家ですが、ルカは実の子ではなく養子であったことが判明します。

ルカは両性の体を持っており、心は男性をメインとして時に女性的になったりもするようです。

3巻ではシャルスの秘密が明かされる

惑星アリスペードを出発したメンバーは第4の惑星「イクリス」に向かいます。

その道中、何気ない談話からシャルスがキャンプの直前に高校に転校してきたことが判明します。

それまでの楽しい船内の雰囲気が一変し、真顔になったシャルスに読者もゴクリとツバを飲み込むような展開に。

説明を拒むシャルスですが、説明しないなら監禁するというカナタの態度に観念したシャルスは自身の生い立ちを説明します。

シャルスの説明によれば彼はヴィクシア王政地区から来た元貴族。(カナタたちの済む世界には一部王族と貴族が存在する)

シャルスはヴィクシアにセイラという恋人がいましたが、セイラが事故死したのをきっかけに貴族との縁を切ったとのこと。

ただしこのときのシャルスの説明は半分は本当で半分は嘘です。(ネタバレは4巻以降のところで記載)

第4の惑星イクリスで絶望的な状況に

3巻の27話では第4の惑星「イクリス」へ到着します。

しかしイクリスの過酷な環境に翻弄されアストラ号は航行不可の状況に追い込まれます。

船を直す手段がなく、宇宙に行くことができないという絶望的な状況の中、それぞれ覚悟を決めたメンバーたち。

そんなとき食料を探していたメンバーの目の前に、もう一機のアストラ号が姿を現します。

マンガ「彼方のアストラ」4巻あらすじをネタバレ解説

惑星イクリスに存在した「もう1機の」アストラ号。果たして、絶望から一行を救い出す「方舟」となるのか…!? わずかな望みを繋ぎ、故郷への帰還を諦めないメンバーたち。そんな彼らに共通して秘められた、出生をめぐる戦慄の事実とは…!?

created by Rinker
集英社
¥473 (2019/08/26 11:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

4番目の惑星「イクリス」で過去最大の危機

4番目の惑星ICRISS(イクリス)で絶望的な状況に追い込まれた一行の目の前に、もう1機のアストロ号(正式名称アーク六号)が現れます。

アーク六号の船内には乗組員のロシア人、ポリーナ・リヴィンスカヤが人工冬眠装置で眠っていました。

ポリーナの船とカナタたちの船をドッキングさせることで船を修理することに成功したメンバーたちは次の惑星に向かいます。

アニウサくん

ICRISS(イクリス)とはCRISIS(クライシス=危機)のアナグラムだね!

4巻ではメンバーの共通点が判明する

4巻のサブタイトルはREVELATION(レヴェレイション)、意味は「隠されていたことが明るみになること」です。

サブタイトル名に相応しく、4巻では物語の核心に迫る真実が次々に明らかになります。

4巻の見どころは新たに加わったポリーナの一言「フニシアとキトリーが似すぎている」から始まる一連の謎解き。

この言葉から「フニシアは本当の妹なのではないか?」と考えたキトリーは、ザックに二人のDNA検査を依頼します。

そしてDNA検査の結果、フニシアはキトリーと全く同じ遺伝子を持ったクローンであることが判明します。

フニシアがキトリーのクローンだった事実から、カナタは9人の共通点が「親たちのクローンであること」と推理します。

カナタ達のオリジナル(親)たちは老いた肉体を捨て、新しい体に乗り換えるためにクローンを作ったのでした。

カナタの「◯◯◯◯って何だ?」で読者が戦慄する

カナタたちがクローンだったことは衝撃の事実ですが、もう一つ読者を戦慄させるセリフが4巻にはあります。

それはカナタがポリーナに言った「チキュウって何だ?」の一言。この台詞で多くの読者が背中をゾクゾクさせたはずです。

実は、カナタ達が帰還しようと目指していた星とは、地球ではなく惑星アストラだったのです。

このシーンこそ4巻最大の見どころであり、読者の背筋が驚きと興奮でゾクゾクする場面ではないかと思います。

カナタ達が「自分たちは親の子供だ」と思い込んでいたのと同じように、私達は「カナタ達は地球を目指している」と思い込んでいたのですから。

マンガ「彼方のアストラ」5巻あらすじをネタバレ解説

次々と判明する新事実。困惑の中降り立った最後の惑星で、「刺客」の正体が…!! 旅路の終わりに待つ、全人類激震の真実とは!? 衝撃のサバイバル×コメディ×ミステリー、堂々の完結!!

created by Rinker
集英社
¥529 (2019/08/26 12:45:45時点 Amazon調べ-詳細)

5番目の惑星「ガレム」で刺客と最終決戦

5巻では最期にして最大の謎である刺客の正体が明らかになります。刺客の正体とは…

シャルス
だったのです。

5巻の最大の見どころは刺客との最終対決、そして刺客を出し抜いたカナタが、刺客をも救おうと試みるシーンです。

刺客を助けようとするカナタが、1話と同じ構図で「アルティメット・ダイブ・ボム」を見せる場面には驚きと興奮があります。

カナタが最初に見せたギャグのような技によって、彼方のアストラはその美しい円環構造をともない最終回に向かいます。

アニウサくん

GALEM(ガレム)とはGLEAM(グリーム)のアナグラムで意味は光り輝くこと。美しく輝く惑星ガレムそのものを意味していそうだね!

5巻では人類の本当の歴史が明らかになる

刺客と対決し和解したカナタたち。5巻では刺客の口から人類の本当の歴史が語られます。

2163年ごろ、かつて人類が住んでいた地球という星は、隕石の落下で滅亡の危機に陥ります。

それを救ったのが惑星移住計画です。そして惑星移住計画の要となったのが人工ワームホールでした。

ワームホールは優れた技術でしたが小型化されたワームホールは犯罪を誘発しテロや暗殺が横行する暗黒の時代を迎えます。

争いを無くし恒久的な平和を築くため、アストラに移住した人類はワームホールの技術を抹消することにしました。

しかし大掛かりな惑星移住についての説明には、どうしてもワームホールのような転送技術が必須条件になってきます。

そこで人類はワームホールの存在自体を歴史から抹消するため、惑星移住自体を無かったことにするという計画を実行します。

アストラに来た移住第一世代たちは「移住自体を無かったこと」にして西暦を100年戻し、文明のレベルを合わせました。

移住第一世代たちは恒久的な平和のためにそれくらい固い意思を持っていたということなんでしょう。

SEIRAを逆に読むとARIESになります。アリエスはヴィクシア王の娘セイラのクローンだったのです。

マンガ「彼方のアストラ」まとめ|SFミステリーとギャグ満載の会話劇

マンガ「彼方のアストラ」は西暦2063年(正確には2163年)人類が自由に宇宙旅行にいけるようになった時代の物語です。

基本的にSFミステリーが根幹にあるマンガですが、全巻を読んでみて感じる本作の見どころはギャグ満載の会話劇でしょう。

一枚の絵の中に複数の会話がテンポよく並んでおり、シリアスな場面であっても重くなりすぎずに読むことができました。

また冗長になりすぎずにキャラクターを絞って、話を濃密にしていることも本作は名作になった理由の一つかもしれません。

まだ本作の未読の方は、ぜひ一度手にとって読んでみて下さい。

マンガ「彼方のアストラ」をお得に読む方法

アニウサくん

マンガをお得に読むなら電子書籍サービスのポイント利用がおすすめです。全五巻で完結なのでサクッと読むことができます。
ネット書店で注文 リンク先 詳細
公式サイト 【期間限定】1巻全ページ無料
公式サイト 【期間限定】1巻全ページ無料
公式サイト 1巻166Pまで無料
公式サイト 1巻118Pまで無料
公式サイト 試し読みあり

>>彼方のアストラ記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。