\おすすめ動画配信サービス(VOD)10選/

アニメ『バナナフィッシュ』9話感想・考察!英二を襲う壊れたショーターとアッシュの選択

ショーターに銃口を向けるアッシュ(9話より引用)

(C) 吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH


ゴルツィネに献上される英二とリー。

必死に抵抗するショーターであったが

数に勝るゴルツィネたちに

取り押さえられてしまう。

 

引き離される英二とショーターに

待ち受けていたのは、

残酷な結末だった。

→【11話ゴルツィネへの反撃を解説!

アッシュと英二の対比

ゴルツィネの性奴隷に

落とされそうになる英二。

 

寸前のところで

アッシュたちが到着してくれたようで

男の子としての大事な何か

守られたようだ。

 

動揺を隠せない英二に

リーが厳しい言葉をかける。

 

お前は幸せな世界で

生きてきたんだと。

(まぁそうなんすけどね)

 

そこであらためて、

英二は、アッシュがこれまで

どうやって生きてきたのかを悟る。

 

アッシュはゴルツィネの男娼として、

そして商売の道具として

自分の性を売って、

這い上がって生きてきた。

 

一方、日本という国で

幸せに暮らしていた英二。

 

この対比は強烈なインパクトがある。

 

アッシュが通って来た

地獄を想像すると

死んだ方がマシな

気がしてくる。

 

おじさんに犯されるというのは、、

想像を絶する絶望だ。

→【11話アッシュと英二の関係!?

ショーターの最後

英二と引き離されたショーターは

エイブラハムが完成させた

バナナフィッシュの

実験台になってしまう。

 

英二を殺すように

催眠をかけられたショーター

アッシュの目の前で

英二を殺そうと暴走してしまう。

 

今回のサブタイトルは

ワルツは私と(Save Me the Waltz)」である。

→【9話タイトル考察

 

英二を追いかけるショーターは

まるで狂った踊り子のよう。

 

英二が殺されそうになったその時、

アッシュの目の前に

一発の弾丸が装填された

銃が投げ込まれる。

 

たった一発の弾丸を

素早い動きで確実に

ショーターの心臓へと

撃ち込むアッシュ。

 

とても残酷なシーンだが、

なぜか演出はとても美しい。

(C) 吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

まるで糸の切れた人形のように

倒れこむショーター。

 

そしてピアノのBGM。

 

アッシュを裏切ってしまった

ショーターとしては

最悪の中でも最良

の結末だったのかもしれない。

→【バナナフィッシュは未完成!?

ユエルンの目的は

惨劇のなか、

ゴルツィネの寝室を

抜け出すユエルン。

 

物陰から

狂気じみた惨劇を

見ていたようだ。

 

ここでバナナフィッシュの真実を

知ったユエルン。

 

チャイナタウン側で

これを知るのはユエルンのみ。

 

この情報戦を

どのように戦うのか。

→【ユエルンの目的は!?

 

軍や政治家が

バナナフィッシュに

絡んでいることを確認したユエルンは、

このあたりのスキャンダルを利用して

兄たちをだしぬくのではないか。

 

例えば、軍の関係者を脅し、

まずはチャイナタウンのボス(兄たち)を

駆逐するなどの展開が

予想できそうだ。

 

ユエルンが

アッシュ側の味方になるか

ゴルツィネ側につくかで

物語が大きく動きそう。

→【原作ネタバレ:ユエルン

まとめ(9話感想)

ショォォーーーーーーーーータァァァァーーーー!!・・・・

 

いやーまさか、

この回でショーターが退場するとは

思っていませんでした。

 

しかもアッシュに撃ち殺されての退場…

地獄のような展開です。

 

地獄よりも悲惨かも。

 

ここまでは

やられっぱなしのアッシュたちですが

次回は反撃の機会は

訪れるんでしょうか。

 

OPを見ると

オーサーとアッシュは

どこかで一騎打ちをする

と思うのですが、

もしかすると次回、

二人の対決が

見れるかもしれないですね。

→【12話恋人のような英二とアッシュ!?

 

 

【 ↓ ↓ Amazonプライムだけで独占配信中!】

第一話 バナナ・フィッシュにうってつけの日