おすすめ大人向けアニメ20選

アニメ『天狼 Sirius the Jaeger(シリウス)』12話(最終回)感想&考察1!エフグラフの最後と消えたユーリィ

(C) Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会


注意

12話までのネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

 

アニメ「シリウス」が最終回を迎えました!

 

オリジナルアニメの良いところは

原作がないため毎週の展開が

読めないところですよね。

 

毎週の読めない展開が

楽しみだっただけに

終わってしまったのは

とても寂しいです。

 

放送が終わってしまったから

改めて言うんですが、

結局、シリウスの匣って

何だったんでしょう!?

 

放送をしっかり観たつもりの私も

いまだに良く分かりません。笑

 

で分からなかったのを踏まえて

私が視聴後に感じたのは、

匣の力というのは、

別になんでも良かった

のかもしれないということ。

 

むしろ匣の詳細よりも

アニメのメッセージの方を

監督は重要視したのかもしれません。

 

匣を飲み込んだエフグラフとの対決は?

ミハイルとユーリィはどうなったのか?

シリウスの匣の真実とは何だったのか?

 

ストーリーのあらすじと共に、

最終回を振り返りたいと思います。

→【2期か劇場版はある!?

エフグラフの最後

ウィラード教授の助けもあり

エフグラフの飛行船に

飛び乗ったユーリィ。

 

匣を飲み込んだことで

人知を超える存在になった

エフグラフと対決します。

 

匣を飲み込んだエフグラフに

変化が現れます。

 

一つは精神的な変化で

ヴァンパイアの病気のことは

どうでも良くなってしまったこと。

 

その証拠にスレイブズ(奴隷種)

ヴァンパイアに噛み付いても

病気が治るわけではなく

スレイブズは灰になって消えます。

 

匣の力に飲みこまれたエフグラフは

元々の自我を失ってしまい、

タマーラにも噛み付こうしますが・・・

ユーリィがそれを止めに入ります。

 

ちなみにタマーラって

エフグラフと血の盟約を交わした

ヴァンパイアだったんですね。

(エフグラフに操作されかけてたので)

 

次に身体的な変化がエフグラフに起き

完全なヴァンパイアの姿でユーリィと

ミハイルの襲い掛かります。

 

少し期待外れだったのは

見た目はデビルマンと化した

匣を飲み込んだエフグラフが

そんなに強くもなかったところ。

 

ユーリィとミハイルたちの

手に負えないということもなく

単純に自己再生能力と

パワーが上がった感じでしたね。

 

まぁこれは・・・

尺の問題でしょうか。笑

強すぎると倒すのにも時間がかかるので。

 

ただ良かったシーンは

匣の力に耐え切れなくなったエフグラフを

兄弟の力で倒す場面。

 

これはとても良かったですね。

 

ヴァンパイアの力で浮遊したミハイルと

涼子の刀を持ったユーリィが

兄弟で協力しエフグラフから

匣を取り戻すところなどは

胸が熱くなりました。

 

匣の力を盲目的に信じたエフグラフは

兄弟の力の前に倒されてしまいます。

→【エフグラフが匣を欲しがる理由

消えたユーリィ

二つの匣が融合し、

匣を持つ者の本当の姿として

教授の前に現れたユーリィ。

 

その姿はミハイルと同じ長髪で

半分はシリウスの白髪交じりの

髪型に変化していました。

 

「この力をこの世界のために使う」

 

ユーリィはそう言い残し

教授の前から姿を消します。

 

教授をもう一人の父として認め

去っていくところは

まるで親離れして

群れを去っていく狼のようですね。

 

四日後、病院で目覚めたウィラードは

行ってしまったユーリィを語りますが

その目はとても寂しそうでした。

→【ユーリィは日本人⁉︎

シリウスの匣とは何だったのか?

結論、分かりません!!!笑

 

というのも、アニメの中でも

最後まで具体的なことは

語られなかったんですね。

 

とにかく人知を超えた

すげえ感じのものということだけが

強調されていました。

 

ただその割には

匣を飲みこんだエフグラフも

手に負えないほど強くなったわけでもなく

実態は良く分からないまま。

 

冒頭でも書いたんですが

シリウスの匣の能力というのは

このアニメにとってそんなに

重要なことじゃなかったのかな

というのが私の結論です。

 

もっと重要だったのは

最後にそれぞれのメンバーが語った台詞。

 

「自分たちのできる所で

それぞれ精一杯生きようぜ

 

当たり前やん!という感じですが

これがこのアニメのテーマというか

低通しているメッセージ

だったのではないかと思います。

 

それを伝えるメタファーというか

あくまで仕掛けとしてのシリウスの匣

だったと思うんですね。

 

人知を超える超絶なものは

あなたの人生を決して幸せにはしてくれない

 

そんなメッセージが

匣を盲目的に信じたエフグラフなどに

象徴されていたように思います。

 

 

 

と長くなってきたので

感想は後編に続きます。